Browse Tag

日記

入ってこない収入に税金を支払っています18

私は結婚しており、主人が会社経営、私はパートタイマーで10年働きましたが、最近、パート先で辛いことがあり、仕事を辞めました。今は職業安定所に通いながら、専業主婦をしています。ですので失業保険の支給を受けていますが、これは期限付きです。パート勤務時代、収入の半分以上は収入に回すことができていましたので、退職に関しては、あまり悩みませんでした。質素に暮らせば、派手な暮らしをしなければ、生きていける、という思いでした。しばらくはゆっくりし、これまであまりできなかった夫の世話、家のことの様々をきちんとしよう、という思いもありました。実際、パート勤めしていた頃とは違い、家事がスムーズに進み、落ち着いて生活できていますが、収入は夫の会社経営があってこそ確保できるもので、会社経営といっても、利益が出て給料を従業員に給料を支払った後でようやく主人の役員報酬が支払われるので、この不況、主人の給料は、年中3か月遅れです。半年以上収入がないこともあります。会社の決算時には、未払いの給料を「社長からの借り入れ」に振り替えるので、無かったものになってしまいます。小さな会社ですし、中小企業にありがちな、社長から会社への「貸付」(会社から社長への「借入」が、長年減らないまま繰り越されていくのです。稼いだはずで、所得税はしっかり納めているのに、ほぼ帰ってくる見込みのないただの数字なのです。サラリーマン生活でも、経営者でも、仕事を失う可能性は誰でも抱えていますが、不安定な生活は楽ではないです。
自動車を高く売る方法は?高額買取の秘訣

15エアコンの使い方で電気代が変わる

今年はエアコン無しでは死んでしまうと思えるほどの猛暑でした。
特に我が家はマンションなので風向きによっては部屋の中の空気が動かず、遮光しても室温が上がってしまいます。
特に寝る時に我慢してエアコンを消したら全く眠れなくなり疲労回復ができませんでした。節電しても夏バテしては意味がないと考えて結局一晩中つけていたいエアコンでしたが、電気代が心配でした。なぜなら日中は子どもを残して仕事に出ていましたので、当然エアコンと扇風機はフル稼動でしたし、夜はそんな感じで一晩エアコンつけていましたので、電気を使わないのが朝のほんの僅かな時間だけだったからです。
ところが先日の請求書では電気料金がいつもの月より2千円程高い7千円だったので驚きました。嬉しくて友人に話したら「夏に一万円以上電気料金がいかない家の話しを初めて聞いた」と言われました。「7千円も凄いけど普段の5千円も安すぎる」とも言われましたが、とにかく勝因は一日中エアコンを28度くらいでずっとつけておいたことだと思います。これはエアコンは電源を入れた時に1番強く風を送るからであり、部屋が涼しくなってからはエアコンの動きとしては小さくなるからです。
少しの間でも室温が上昇してまた電源を入れた際に電力を多く使うのだそうです。
快適な室温にしてしっかり眠り、電気代もかからなかったなんて、物凄く儲けた気分です!
自動車保険見積り評判