解散

衆院解散だって。
はあ。
消費税増税の是非を問う選挙。
だと思うけど、わからねえ。
とにかく、沖縄県知事の選挙で勝ったんだから、この際、共産党にたくさん議席をとってほしいです。
やればできんじゃん。
翁長さんが、嬉しくて、みんなと一緒に踊っている写真がupされていました。
そりゃそうだ。
辺野古基地への移転なんて、考えられねえ。
本当に自民党は、民主党も、公明党も腐っています。
本当にまじめなのは、共産党だけなおです。
大企業は増税に前向きだし。
そりゃそうでしょう。
税金の分、減税されるんだかあら。
今日もリーガルハイやりますね。
あれて、あんなに面白かったのね。
そそそ。
堺まさと。
あんなに、演技がうまいとは思わなかった。
大河や、忠臣蔵の映画ではあんまり光ってなかったけれども。
やっぱり芝居は、上手な、本当に心にしみわたる人だいいよね。
そそそ。
そういう意味でも、高倉健さんの死去は惜しまれました。
神様みたいな人だからね。
本当に本当に。

小松菜うまい

小松菜、うまいね。
めんつゆも、醤油もねえよ。
そのまま食べています。
もちろん、茹でてからね。
うまいっ
おいしいっ

ほうれん草とか、もう飽きたけど、小松菜はいいの。

体にもいいし。鉄分が含まれているし。
ビタミンもあるし。いいことばかり。それにめっちゃ安いし。
すごくたくさん入って1袋50円よ。
かなり嬉しいです。
葉物って茹でたり炒めたりすると、そうとう、かさが減るけど、これはかなりの量だね、
まあ、いいか。
これでおなかをいっぱいにするのだ。
医者も言っていました。
夜中におなかがすいたら、野菜を食べるといいと。
そうですねえ。
うんうん。
でも、その医者は、自分ではヤブではないと、僕があなたを治しますと、公言したにもかかわらず、俺をますます悪化させたのです。
しかも、セロクエルを処方しやがって、髪の毛がかなり抜けたので、あったま来てますけどね。
髪が抜けるので、リアップを買いました。
5000円もしたのよ。
生えてくるといいなあ。

クッキー

深夜2時を回りました。
どうするべ。
クッキー作ろうかしら。
貧乏クッキーなんだよ。
小麦粉と、卵と、マーガリン。
できれば牛乳。
レシピだと、クックパットにねあったのはね、
卵じゃなくて、牛乳でもなくて、水。

水ですよ。
おいしいのかね。
俺は貧乏クッキーとは言ったものの、そうでもないじゃん。
ちゃんとしたクッキーじゃん。
かなり砂糖がはいります。
もっと砂糖を少なくしよう。
やっぱり今から作ります。
楽しいぞ。
っていうか、今持っているシートを埋めたら、作りましょう。
退院するのが、19日の午前中だから、午後は内職できるもんね。

20日も内職できるから、気合いれます。
なんでそんなに頑張るかっていうと、12月には、いろいろかいものがあるのよ。
ハウスオブローゼのセールとか、リアップ男性用とか、レンズとか。
ニッセンの服とかもだしね。
あースポーツブラ買おう。
そうしよう。
もう、このブラはいやです。
だって、俺は巨乳なんだもん。
はずかしいよ。

頑張っている

いま、深夜の1時半です。

寝たのが23時半。
全然睡眠足りないのです。
なんかねえ。

びびってんだねえ。
手術こわいんだねえ。
結果が怖いんだね。
もし癌だったらどうしよう。転移してたらどうしよう。
医者は常に悲観的なことばかりいいます。
リンパに転移してる可能性もあるとか、癌の細胞が見つかるかもしれないとか、

患者の不安をあおるんだねえ。
うん。
そうなおよ。
こわい話じゃんせっかく生きることに前向きになってきて、人生42歳にしてこれからってときに、もう本当にやだな。

はあ。
夜中に起きて、びびるついでに、この気持ちを書き留めることにしました。
はあ。
浣腸をしたので、ちょっとだけ体重が減りました。
えーと、88.8
うん。
がんばっているよね。

寝る前に、りんご1個と、ハーゲンダッツ2個。
カレーうどん1個と、白菜の漬物。
白米と、どんこ汁の組み合わせは、妻がぱくぱく食べていました。
そそそ
うまかったみたい。
我が料理ながら、自分でも会心の作でした。

消費税

今日は、今日も内職をばりばりとこなしています。
そのほか、料理もしたし、夜もクッキーを焼くのです。楽しみ。

ネットスーパーを5000円以上頼みました。
そすっと、税金だけかかんのね。
っていうか、マジむかつくぜ。
400円もかかる。
本当に、8%。
痛いし、ひどすぎる。
10%になったら、どんどん暮らしや経済がかたむいていくよ。
どうなってしまうの。
俺たち貧乏人は生きていけるの

生保の身なんだよ。
精一杯生きているのに、それでもね。
400円っていったら、俺の大好きな柿、次郎柿が、50円だから、8つも買えるのよ。
冗談じゃないやい。
ふざけんな。
みんしゅとうも、
自民党も、公明党もつぶれてしまえ。
共産党に政権を持たせろ。

大企業への減税をなくせ。
なぜ、なぜこんな国にしたんだ。
資本家だけが、うまい汁をすう時代。
それは、人類の歴史に脈々と流れていた悪しき伝統だけれども。
でもさあ。
「選挙」っていうすばらしい特権が与えられているんだよ。

いろいろさ

潮がひいたよに、さーっと人がいなくなりました。
残ったのは、家族と妻と義姉。
癌だってえのに、いやいや、
癌かもしれなおににねえ。
うん。
そうなのよ。
そうそう。
知り合いというか、友達というか、

まあ、自分から、学校時代の友達は全員切ったんだ。
精神疾患になって、それまでの折公算だった俺とは違う俺を見て、
みんな、本当にひいていきました。
そんな冷酷な人たちとは、もうおしまいだね。
嫌だね。
まあ、とっとと消えてよかったんじゃない。

俺は、俺の道をいきますね。
ふう。

さっきまで、妻と中学校時代とか、小学校時代の話をね、もりあがるもりあがる。
学校で熊を飼っていたとか、
あひるがいたとか、うさぎにエサをやったとか、
金魚や鯉を白鷺が食いにきたとかね。

白鷺か。
そうか。
名古屋にもいたんだ。
岩手の大平原じゃなかっても、白鷺はいるのんね。
そうだよね。
白鷺は、どこにもいるのよね。
でもさあ。
白鷺って美しいじゃない?カラスよりずっとね。
からすの黒も本当はきれい。