いろいろさ

潮がひいたよに、さーっと人がいなくなりました。
残ったのは、家族と妻と義姉。
癌だってえのに、いやいや、
癌かもしれなおににねえ。
うん。
そうなのよ。
そうそう。
知り合いというか、友達というか、

まあ、自分から、学校時代の友達は全員切ったんだ。
精神疾患になって、それまでの折公算だった俺とは違う俺を見て、
みんな、本当にひいていきました。
そんな冷酷な人たちとは、もうおしまいだね。
嫌だね。
まあ、とっとと消えてよかったんじゃない。

俺は、俺の道をいきますね。
ふう。

さっきまで、妻と中学校時代とか、小学校時代の話をね、もりあがるもりあがる。
学校で熊を飼っていたとか、
あひるがいたとか、うさぎにエサをやったとか、
金魚や鯉を白鷺が食いにきたとかね。

白鷺か。
そうか。
名古屋にもいたんだ。
岩手の大平原じゃなかっても、白鷺はいるのんね。
そうだよね。
白鷺は、どこにもいるのよね。
でもさあ。
白鷺って美しいじゃない?カラスよりずっとね。
からすの黒も本当はきれい。