高齢者による車の事故

高齢者による車の事故が相次いでいます
高齢者は車の運転を見せてしまって、それで人身事故を起こしてしまい、その結果履正社は被害者が亡くなられる方もあるという、そういう痛ましい事故が相次いています
これは高齢者にとって車は自立の象徴であるという風にニュースでされていましたが、私は確かに自立と夢もあるかもしれませんが、日本の社会のあり方がやっぱり、高齢者の人にとっても若い者にとっても弱者にとっても、何も厳しいものであるというふうにみています
福祉バスがなかったり路線バスがあまりにも不便だったり
そういったことで高齢者の人はなかなか車を手放すことができません
一旦車の利便性に慣れてしまうとやはり、バスを使ったりといったことがなかなかできないでいます
あるいは高齢者の人にはタクシーチケットなどを渡すべきなのですが、そう言ったことを行政は全くしていません
そんな国のあり方が一気にここに来てその歪みが歪みがここに来ていきに、噴出しているのだと思います
あまりにも痛ましい事故が相次いでいます
かわいそうで気の毒で仕方がありません