フィンランドの社会保障

やっぱり私にはしんぶん赤旗があると、生き生きとしてくるなと思いました
しんぶん赤旗を読むと元気が出ます
本当にこれは私に刷り込まれたそういう状態なのかもしれません
赤旗を読むとやっぱり日本は子供まで言っては恐ろしいとか、私の生活はやっぱり自分が悪いのではなくて、に行政が悪いのだとかそういうふうに思うことができます
私の生活が貧しいのは私の怠け者だったら、私が稼ぎがないからではありません
これは日本の政治がおかしいのです
それに対してフィンランドはどういった社会保障があるかと言うと、次のようなことだそうです
フィンランドでは障害を持った人は社会が本当を育てるべきなのに、親が代わりに育てていると嘘を言った概念があるんだそうです
だから手厚い保護を売ってる風邪熱いキャラが与えられそうです
セージから西府から行政から付与されるので、親は全く心配せずに障害がある子供たちを育てることができるんだそうです
素晴らしい社会です